インターネット予約

診療時間

診療時間

  • 午前 : 09:00~12:00
  • 午後 : 14:30~18:00
  • 休診 : 日・祝

診療時間

  • 福岡県太宰府市
    大佐野3丁目1番51号
  • 駐車場あり(9台分)
  • TEL.092-408-3538
  • コミュニティバス「まほろば号」
  • 「大佐野公民館前」
    バス停の目の前です!
ひぐち内科胃腸クリニック イメージ

各種検査

風邪や体調不良時の診察・検査はもちろん、各種健康診断等で体調を把握していただき、
QOL(生活の質)を保ち、いつまでも長生きできるようになることを目指します。

ネット予約もできます!

胃カメラ・大腸カメラともにインターネットからの事前予約が可能です。前日までに予約可能日時を確認して頂き、症状等の情報を入力して頂ければ、予約が可能です。指定された時間に来院して、検査が可能となります。
ただし大腸カメラの場合には、検査前日に下剤を内服する必要がありますので、予約完了後に前日までに下剤を受け取りに来院して下さい。
また症状によっては、当院から電話で連絡することもあります。

インターネット予約

胃カメラ

「お腹が痛い、吐き気がする、胸焼けがする、食欲がない、体重が減った、家族にピロリ菌治療した人がいる」といった方はもちろん、人間ドックで異常を指摘された方や年1回の検診目的の方を対象に、胃カメラを実施しています。
咽頭~食道~胃~十二指腸まで、消化器内視鏡専門医の院長が丁寧に観察します。ピロリ菌の感染の有無を判断して、今後の検査計画を提案します。ピロリ菌がいる方は胃潰瘍や胃がんになりやすいと報告されています。除菌治療をすることで、潰瘍や癌の予防に役立てていきたいです。
観察のみであれば、5分程度で検査は終了します。当院では鼻からのカメラは使用していません。鼻からのカメラが細いのは確かですが、その分画質に劣り、病変の見逃しにつながると危惧しています。口からのカメラとともに最新機器を使用しており、NBIと呼ばれる特殊な波長の光で見ることによって、粘膜の表面構造や血管模様を観察可能となり、腫瘍・癌の見逃しがなく正確な診断が可能となります。またカメラの挿入部は径7.7mmと細いため、のどの負担が軽減できます。
前日までであればインターネットでの予約がお勧めです。当日でも朝絶食で来院して頂ければ、順番に検査が可能です。
通常であればカメラ挿入時に嘔吐反射が起きるため、ゲーゲーと苦しくなります。中には検査が継続困難になる人もいます。年齢や基礎疾患によりますが、当院では鎮静剤の注射をして眠った状態での検査が可能です。

検査の長れ

大腸カメラ

「お腹が痛い、便がなかなか出ない、血便が出ている、下痢しやすい、お腹が弱い、食欲がない、体重が減った、家族に大腸癌の人がいる」といった方はもちろん、人間ドックで便潜血陽性を指摘された方や年1回の検診目的の方を対象に、大腸カメラを実施しています。 一部小腸~大腸~肛門まで、消化器内視鏡専門医の院長が丁寧に観察します。大腸腺腫の有無を判断して、今後の検査計画を提案します。
観察のみであれば、20分程度で検査は終了します。通常の空気ではなくCO2を注入しながら観察するため、検査終了後に速やかにCO2が吸収されて腹部膨満感が軽減します。インターネットでの予約も可能ですが、下剤を内服する必要があるため、前日までに一度ご来院して下さい。
便秘の方やお腹の手術歴のある方や大腸憩室がある方は、内視鏡挿入が困難で痛みを感じることがあります。希望があれば、年齢や基礎疾患によりますが、当院では鎮静剤の注射をして眠った状態での検査が可能です。

検査の長れ

トイレ付き個室

大腸カメラでは検査前に1~2Lの下剤を内服する必要があります。通常お腹の中には便が貯まっているため、全部出してキレイにしてから検査が開始となります。朝9時から2時間程度かけて下剤を内服して、5~10回程度便が出ることになります。大きな病院では共用のトイレを使用するため落ち着きませんが、当院では専用のトイレ付きの個室を準備しています。他人の目を気にせずにゆっくりとおちついて準備をすることが出来ます。

トイレ付き個室

苦しくない検査

胃カメラ・大腸カメラは全く苦しくないと言えばウソになります。胃カメラの場合には、挿入時ののどの違和感や観察時にお腹が膨らむ違和感があります。大腸カメラの場合には、挿入時に腸の曲がり角で突っ張る違和感や観察時にお腹が膨らむ違和感があります。
挿入時には最新の機器(細いカメラや軟らかいカメラ)を用いて負担を軽減しており、観察時にはCO2を使用することで速やかにガスが吸収されて負担を軽減します。さらに当院では鎮静剤を注射して眠っている状態で検査をすることが可能です。すでに多くの方に利用して頂き、「全く分からなかった」と言われる方もいます。ただし検査終了後には、最低1時間の安静をお願いしており、事故防止のため当日の運転は控えて頂きます。
検査を苦しくないと感じることで、今後も定期的に検査を受けて、健康な人生を送れるような助けとなりたいと思います。

苦しくない検査

日帰り大腸ポリープ切除術

ポリープのサイズや形態や部位にもよりますが、一般に6mm~20mmのポリープ(腺腫)は検査に引き続き、日帰りでそのまま切除することが可能です。1個につき15分程度の時間を要します。大腸ポリープのうち、大腸腺腫は放置すると徐々に大きくなり、「がん」になることが知られています。早期に発見して、早期に治療することが重要です。

その他検査

血液検査

糖尿病は即日結果が分かります。大腸ガンのリスクを調べることもできます。

超音波検査

エコー検査で肝臓・胆のう・すい臓・尿路結石・虫垂炎などを調べることができます。

血管年齢検査

動脈硬化の程度を判定することができます。糖尿病・ご高齢の方等に特におすすめします。

その他、各種健康診断・予防接種を行っています。
詳しくはお問合せください。

ひぐち内科胃腸クリニック イメージ

各種検査

風邪や体調不良時の診察・検査はもちろん、各種健康診断等で体調を把握していただき、
QOL(生活の質)を保ち、いつまでも長生きできるようになることを目指します。

ネット予約もできます!

胃カメラ・大腸カメラともにインターネットからの事前予約が可能です。前日までに予約可能日時を確認して頂き、症状等の情報を入力して頂ければ、予約が可能です。指定された時間に来院して、検査が可能となります。
ただし大腸カメラの場合には、検査前日に下剤を内服する必要がありますので、予約完了後に前日までに下剤を受け取りに来院して下さい。
また症状によっては、当院から電話で連絡することもあります。

インターネット予約

胃カメラ

「お腹が痛い、吐き気がする、胸焼けがする、食欲がない、体重が減った、家族にピロリ菌治療した人がいる」といった方はもちろん、人間ドックで異常を指摘された方や年1回の検診目的の方を対象に、胃カメラを実施しています。
咽頭~食道~胃~十二指腸まで、消化器内視鏡専門医の院長が丁寧に観察します。ピロリ菌の感染の有無を判断して、今後の検査計画を提案します。ピロリ菌がいる方は胃潰瘍や胃がんになりやすいと報告されています。除菌治療をすることで、潰瘍や癌の予防に役立てていきたいです。
観察のみであれば、5分程度で検査は終了します。当院では鼻からのカメラは使用していません。鼻からのカメラが細いのは確かですが、その分画質に劣り、病変の見逃しにつながると危惧しています。口からのカメラとともに最新機器を使用しており、NBIと呼ばれる特殊な波長の光で見ることによって、粘膜の表面構造や血管模様を観察可能となり、腫瘍・癌の見逃しがなく正確な診断が可能となります。またカメラの挿入部は径7.7mmと細いため、のどの負担が軽減できます。
前日までであればインターネットでの予約がお勧めです。当日でも朝絶食で来院して頂ければ、順番に検査が可能です。
通常であればカメラ挿入時に嘔吐反射が起きるため、ゲーゲーと苦しくなります。中には検査が継続困難になる人もいます。年齢や基礎疾患によりますが、当院では鎮静剤の注射をして眠った状態での検査が可能です。

検査の長れ

大腸カメラ

「お腹が痛い、便がなかなか出ない、血便が出ている、下痢しやすい、お腹が弱い、食欲がない、体重が減った、家族に大腸癌の人がいる」といった方はもちろん、人間ドックで便潜血陽性を指摘された方や年1回の検診目的の方を対象に、大腸カメラを実施しています。 一部小腸~大腸~肛門まで、消化器内視鏡専門医の院長が丁寧に観察します。大腸腺腫の有無を判断して、今後の検査計画を提案します。
観察のみであれば、20分程度で検査は終了します。通常の空気ではなくCO2を注入しながら観察するため、検査終了後に速やかにCO2が吸収されて腹部膨満感が軽減します。インターネットでの予約も可能ですが、下剤を内服する必要があるため、前日までに一度ご来院して下さい。
便秘の方やお腹の手術歴のある方や大腸憩室がある方は、内視鏡挿入が困難で痛みを感じることがあります。希望があれば、年齢や基礎疾患によりますが、当院では鎮静剤の注射をして眠った状態での検査が可能です。

検査の長れ

トイレ付き個室

大腸カメラでは検査前に1~2Lの下剤を内服する必要があります。通常お腹の中には便が貯まっているため、全部出してキレイにしてから検査が開始となります。朝9時から2時間程度かけて下剤を内服して、5~10回程度便が出ることになります。大きな病院では共用のトイレを使用するため落ち着きませんが、当院では専用のトイレ付きの個室を準備しています。他人の目を気にせずにゆっくりとおちついて準備をすることが出来ます。

トイレ付き個室

苦しくない検査

胃カメラ・大腸カメラは全く苦しくないと言えばウソになります。胃カメラの場合には、挿入時ののどの違和感や観察時にお腹が膨らむ違和感があります。大腸カメラの場合には、挿入時に腸の曲がり角で突っ張る違和感や観察時にお腹が膨らむ違和感があります。
挿入時には最新の機器(細いカメラや軟らかいカメラ)を用いて負担を軽減しており、観察時にはCO2を使用することで速やかにガスが吸収されて負担を軽減します。さらに当院では鎮静剤を注射して眠っている状態で検査をすることが可能です。すでに多くの方に利用して頂き、「全く分からなかった」と言われる方もいます。ただし検査終了後には、最低1時間の安静をお願いしており、事故防止のため当日の運転は控えて頂きます。
検査を苦しくないと感じることで、今後も定期的に検査を受けて、健康な人生を送れるような助けとなりたいと思います。

苦しくない検査

日帰り大腸ポリープ切除術

ポリープのサイズや形態や部位にもよりますが、一般に6mm~20mmのポリープ(腺腫)は検査に引き続き、日帰りでそのまま切除することが可能です。1個につき15分程度の時間を要します。大腸ポリープのうち、大腸腺腫は放置すると徐々に大きくなり、「がん」になることが知られています。早期に発見して、早期に治療することが重要です。

その他検査

血液検査

糖尿病は即日結果が分かります。大腸ガンのリスクを調べることもできます。

超音波検査

エコー検査で肝臓・胆のう・すい臓・尿路結石・虫垂炎などを調べることができます。

血管年齢検査

動脈硬化の程度を判定することができます。糖尿病・ご高齢の方等に特におすすめします。

その他、各種健康診断・予防接種を行っています。詳しくはお問合せください。

インターネット予約

診療時間

診療時間

  • 午前 : 09:00~12:00
  • 午後 : 14:30~18:00
  • 休診 : 日・祝

診療時間

  • 福岡県太宰府市
    大佐野3丁目1番51号
  • 駐車場あり(9台分)
  • TEL.092-408-3538
  • コミュニティバス「まほろば号」
  • 「大佐野公民館前」
    バス停の目の前です!